東日本大震災と原発事故

2011(平成23)年3月11日(金)、東北地方三陸沖の宮城県牡鹿半島の東南東130km付近で、深さ約24kmを震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生しました。最大震度は宮城県栗原市で7。

福島第一原子力発電所の概要

福島県双葉郡大熊町にある福島第一原子力発電所(福島第一原発・1Fイチエフ)でも、震度6強の揺れを観測。その数十分後に大津波に襲われます。当時、4〜6号機は定期点検で運転停止中でした。

  1号機 2号機 3号機 4号機 5号機 6号機
電気出力
(万kW)
46.0 78.4 78.4 78.4 78.4 110.0
運転開始 1971年 1974年 1976年 1978年 1978年 1979年
震災直前 運転中 定期点検中

2011年3月11日の時間経過

  ニュース 福島第一原発の事象
14:46 東日本大震災発生  
15:46
〜47
  自動スクラム(制御棒を原子炉に挿入)したことを確認
14:59 岩手県大船渡市で20cmの津波観測  
15:03〜 岩手・宮城・福島に大津波警報  
15:27   津波の第一波が到達(高さ約4m)
15:36   最大の津波が到達(高さ約15m)
15:37
〜42ごろ
  全交流電源が喪失
20:50 福島県が、福島第一原発半径2km圏内に避難指示  
21:23 政府が、福島第一原発から半径3キロ以内の住民に避難指示。3キロから10キロ以内の住民に屋内退避指示。  

電気がなくなり冷却できない

原子力発電は、水を循環させて冷ますことが必須です。しかし、全交流電源が喪失したことにより、放射性物質を外部へ漏らすという最悪の事態に至りました。

放射性物質は、放射線を放ちます。人への影響は実効線量が考慮され、Svシーベルトという単位です。

「天然に存在する放射線源からの年間被曝の世界平均は、委員会の最新の推定値では2.4 mSvミリシーベルト」と国連科学委員会UNSCEAR による2013年の報告書にあります。

年間100mSvを超えると健康被害につながる可能性が高まります。

参考文献

わかりやすくリクエスト募集中

知りたいことや分かりやすくしてほしい点をお問い合わせフォームより募集しています。より多くの人へ伝わるように掲載中の記事も改善を重ねますので、よろしくお願いします。

下のボタンを押すと、このページのタイトルとURLをコピーできます。メールやSNSのシェアにお使いください!

東日本大震災と原発事故 by 編集部