デスクスタンド

電気を作る方法と発電所の種類

火力・水力・原子力・再生可能エネルギーなど発電方法に種類はいくつかありますが、発電原理の多くは、回転する運動エネルギーです。

回して電気を作る

蒸気・水・風の流れを活用して、発電機を回すことで電気を生み出しています。

蒸気で回転させる汽力発電

水から蒸気にするため、たくさんの加熱手段があります。発電機に繋がったタービンを、蒸気が回して電気ができます。これを汽力発電と呼びます。詳しくは火力発電の特徴をご覧ください。

燃やす熱

  • 石油・灯油・軽油
  • 液化天然ガス(LNG)
  • 石炭
  • 廃棄物
  • バイオマス
バイオマス
生ゴミ・家畜の糞・サトウキビ・トウモロコシを発酵させて作る生物由来の燃料。廃材を含む

燃やさない熱

  • 核分裂
  • マグマ
  • 太陽熱

核分裂の熱を利用したものが原子力発電。マグマや太陽の熱を使うのが地熱発電と太陽熱発電(太陽“光”発電とは別)です。いずれもタービンを回転させて電気ができます。

水で回転させる水力発電

流れる水が水車を回し発電します。水力発電で浮かぶのはダムでしょうか?それに加えて川や海(波力発電・海洋温度差発電)で発電する方法もあります。

空からの発電

風の流れを捉えて発電機を回す風力発電、日光を活用した太陽光発電があります。再生可能エネルギーの代表格です。

再生可能エネルギー
使ってもなくならない資源を元に発電する総称。地球に優しいエネルギー。具体的には風力・太陽光・地熱・バイオマスで、自然エネルギーや新エネルギーということもある。

参考文献

関連ページ

わかりやすくリクエスト募集中

知りたいことや分かりやすくしてほしい点をお問い合わせフォームより募集しています。全て対応できるか分かりませんが、より多くの人へ伝わるように掲載中の記事も改善を重ねます。

下のボタンを押すと、このページのタイトルとURLをコピーできます。メールやSNSのシェアにお使いください!

電気を作る方法と発電所の種類 by 編集部